「光」の子育て・教育の改革10政策

 1、学童教室の根本的転換。学習習慣や生活習慣を身につける「富山型学童教室」の推進。 

 2、学校給食を、アレルギー対応、地産地消、温かい、手作りという視点で改善。

 3、障がい児、発達障がいの子どもの支援策を子どもと親の現状に合わせた柔軟な運用に転換。

 4、0歳〜2歳児の保育、病児保育を推進し、働くママ支援の充実。 

 5、フレックスタイム、短時間勤務の推進等で、働く子育て世代の環境整備。

 6、子どもの貧困など相談できるスクールソーシャルワーカーの充実。ネットやSNSでも相談窓口を設置。

 7、不要になった子ども服、おもちゃ、チャイルドシートなどの無料リサイクルの推進。 

 8、給付型奨学金、返済補助も含めて、裕福でない家庭の子どもも大学などへ行ける環境整備。 

 9、土曜保育のメニュー改善、認定こども園の推進を含む保育事業の支援。

10、各公立小中学校への空調設備の早期設置。 

「光」は富山の子育て・教育の改革を実現するために作られた政策チームです。